忍者ブログ

作ることに意義がある::糧log〈かてろぐ〉::

自炊レシピや食べたものの記録です。ときどきうどん県ネタあります。catelog

都合により、
ごはん別盛り親子丼。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

都合により、
ごはん別盛り親子丼。

丼。

客先からの帰り、最寄駅に着いたのが18時ちょい過ぎ。帰り道にあるちょい飲みできるお店へ。

生ビールを注文してカウンターで飲んでいると、窓から、通りを歩く夫と目があってしまい、合流することに。

やつ彼はハイボールのあと、メニューに書いていないキンミヤ梅割りをオーダーするという禁じ手に出て酔っ払い街道まっしぐら。このお酒は店によっては3杯でストップがかかるほどの威力なのです。

これはやばい。で、早々に店を出て帰宅。
帰り道、鶏肉を解凍してるから親子丼を作るよというと、がっつりご飯は食べたくないという。 こっちも準備の都合もあるしで、ご飯は別盛りで、親子丼を作ることを決行しました。

以前知人が教えてくれた作り方、鶏肉をフライパンで両面焼いてから切って煮るという方法を採用しました。

親子丼専用鍋がないので小鍋にて2人分いっしょに作ります。たまご4個使いましたが、知人の作ってくれたのはもっとたまごたまごしてました。あのとき、何個使ったんだろう。それとも盛り方が悪かったのかな。

菜っ葉をざっくり切ってのせたら、親子丼とはまったく違う姿になりました。そもそも砂糖みりんを使わないので味も違うしね。でも、オイスターソースと玉ねぎで、わたし好みのすっきりした甘みはでていました。薄味ですので濃い味好みの方は適宜調整して。

親子丼別皿盛り

〈材料〉

  • 鶏もも肉 1枚
  • 玉ねぎ 1/2個
  • たまご 4個
  • サラダほうれん草 適宜
a
  • だし汁 250cc
  • しょうゆ 大さじ2
  • オイスターソース 大さじ1

作り方

  1. 油を引いていないフライパンで鷄もも肉を両面焼きます。中まで火を通す必要はないです。
  2. 玉ねぎを切ります。小鍋に玉ねぎとaを入れて火にかけます。
  3. 1が焼けたら食べやすい大きさに切り、小鍋に加えます。
  4. たまごを溶いておきます。
  5. 鶏肉が煮えたら卵を加え、フタをして1分して火を止め1分放置。器に盛り、ざく切りにしたサラダほうれん草を乗っけます。

親子丼別皿盛り生ビール

結局ごはんを入れて食べたんですけどね。

作り方1でフライパンに鶏肉の油が残ります。これも料理に使えるので捨てません。タッパーに入れて冷蔵庫か冷凍で保存します。

2015年12月7日(月)

↓バナーをぽちしていただけると励みになります。↓

レシピブログに参加中♪
PR

コメント

スポンサーリンク



プロフィール

HN:
青子
性別:
女性
自己紹介:
主婦歴通算23年
大阪生まれ香川育ち現在東京暮らし。
仕事はSOHO。
座右の銘『これでいいのだ』
twitter: aoco_catelog

PR







最新記事

(06/03)
(03/18)
(03/16)
(03/07)
(02/14)
(02/08)
(01/24)
(01/05)
(12/29)
(12/26)
(12/25)
(12/23)
(12/22)
(12/21)
(12/21)
(12/19)
(12/18)
(12/14)
(12/14)
(12/13)
(12/11)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/04)

最新コメント

[08/14 青子]

メール